2011/10/12

openDAYのそぞろ歩き

こんにちは。
ホロメンバーのますだです。
先月9月25日にひらかれたホロOPEN DAYでの
「川ぞいそぞろ歩き」ゆるゆる道中の様子を
少ーしご紹介します。

秋晴れの弘前
ゆるゆるそぞろ歩きはスタート予定14時より
2時間以上も早くスタートしていたようです。


まずは、
友人知人がたくさんいるレンガ倉庫へふらっと。
「こんにちはー」
岩木遠足もちょうどお昼時
ホロメンバーの萩原修さんと西村佳哲さんは、
高校大学同じ学校なんだって。
「弘前いいとこですねー」とお話したそうです。


見覚えのあるこくばん!
夏に松ノ木荘で開いた「こぐ」で買ってくださった
キリヌキこくばん、ここでも活躍してました。
楽しくお話ししてたら、
時間はあっという間に過ぎていきます。
次の行き先は?
誰かの「conaにいきたいなあ」の一言で決まり。


富田町のパン屋さんcona。
おいしいパンをたくさん買いました。
この店舗を設計した蟻塚さんのこだわりを見つけては、
「おおぉ〜」と感心のそぞろ歩き一行。


松ノ木荘へ向かって歩き始めたところ
見えてきたのは。
「この小屋はなに?』

ここの町の名前は紙漉町。
今は紙を漉いている人はいないんだって。
町名の由来は、
沸き続ける澄んだ水とこの水場で名残りが感じられました。
当時はどんな紙が作られていたんでしょうね。

五重塔の鐘の音を聞きながら、
川ぞいをてくてくと、
そぞろ歩きます。

傾いた小屋に、
一人佇む赤いかた・・・。
誰か来るのを待っているよう。

さわやかな秋の空。

弘南鉄道の電車がみえてきました。

ようこそ!


「このたてものは、お店にいいね」とか
勝手な妄想話しをしながらてくてく

川ぞいの道から見上げると、
蓬莱橋の上には人がたくさん。
この日の土手町は歩行者天国で
たくさんの出店や人で賑わっていました。

松ノ木荘でひと休みしたそぞろ歩き一行は、
再び川ぞいをてくてく。
EasyLivingの工房へ。
工房の前にベンチが新しくできてましたよ。

「おつかれさまー」「こんにちはー」
葛西さんがせっせと仕事をしているところへ
お邪魔します。

プレオープンdayのボヌールに行ってた蟻塚さんも合流。
フライングスタートしてごめんねー!
やっと全員揃い夕暮れ時までお話してました。
夕焼けの空をカラスがたくさん飛んで行く頃に
予定組まないそぞろ歩き一行も
それぞれ帰路につきました。



0 件のコメント:

コメントを投稿